薬剤師として治験に携わるための企業からの求人探し

転職のきっかけは医療に対する考え方が変わったこと

国家資格が取れるという魅力から薬学部を卒業して薬剤師として働くことを選びましたが、それが長続きしないとは思ってもみませんでした。
調剤をしていれば仕事になるというのが魅力的に感じていたものの、実際に病院で働いてみると仕事としては患者への服薬指導が大半を占めていました。
あまり人前で働くというのが好きではなかったので調剤をしていれば良いという点を重視していたのですが、若くて比較的人当たりも良い性格に目をかけてもらえたのか、仕事の比率として外来や病棟の勤務が多くなっていたのです。
しかし、それがストレスに感じたわけではなく、その仕事を通して医療に対する見方が変わってしまったのが転職の理由となっています。
薬を渡して服薬指導をしてもきちんと飲んでくれない人が多かったり、一応薬は渡しているけれど飲み続けてもあまり良くならないのではないかと薬剤師の立場でもわかったりすることがよくあったのです。
それが問題のように感じられてきて、自分が何かできないかと考えるようになりました。
それが企業からの求人探しを始めたきっかけになっています。

転職のきっかけは医療に対する考え方が変わったこと | 臨床開発モニターの募集 | 狭き門を開くためには転職エージェントが強い味方