薬剤師として治験に携わるための企業からの求人探し

臨床開発モニターの募集

薬剤師として臨床現場にいる限りは解決は難しいという印象がありました。
そのため、臨床現場で有用な医薬品の開発に近い場所で働きたいと考えたのです。
しかし、企業の求人を探してみて気づいたのは、開発にしっかりと取り組もうとすると修士以上の学位が求められているという事実でした。
確かに能力的に学士では劣っているので、その厳しい現実に立ち向かうためには大学院に入学しなければならないことになります。
さすがに今更大学院で勉強をしたいという気持ちはなかったので、他に開発に近い場所で働く方法はないかと探してみました。
そのときに目についたのが臨床開発モニターの募集です。
メーカーで開発された医薬品を上市するために必要な治験の担い手になるというのは魅力的な道に感じたのです。
幸い、修士の学位も必要なく、資格もなくても構わないという募集だったので我先にという気持ちで応募しました。
企業からの臨床開発モニターの募集はほとんど見つけられなかったのは確かで、一つ目に応募して失敗してから次を見つけるまでには一ヶ月以上もかかりました。
このまま待っていても埒が明かないと思いつつ、とりあえず二つ目に見つけた求人にもすぐに応募してみたものの、やはり不採用ということになってしまい、さすがに焦る気持ちも強くなったのを覚えています。

転職のきっかけは医療に対する考え方が変わったこと | 臨床開発モニターの募集 | 狭き門を開くためには転職エージェントが強い味方