薬剤師として治験に携わるための企業からの求人探し

狭き門を開くためには転職エージェントが強い味方

転職のきっかけは医療に対する考え方が変わったこと | 臨床開発モニターの募集 | 狭き門を開くためには転職エージェントが強い味方

そこで、求人サイトにあった申し込みフォームに入力して、エージェントによる斡旋を受ける道を選ぶことにしました。
自分の力ですぐに転職できるだろうと思っていたのですが、どうにも求人が見つからないのでいつになっても転職できないのではないかと考えざるを得なかったのです。
結果として、そのエージェントに申し込んだのは正解でした。
企業からの募集はサイト上にはほとんど見つけられなかったのですが、実際にはエージェントの手元にはいくつもの候補があったからです。
臨床開発モニターになりたいという話をすると次々に企業からの募集を紹介してもらうことができ、応募を繰り返しているうちに転職先を決めることができました。
応募したくても募集されていないのではどうしようもありません。
企業からの薬剤師の募集は少ないので、より多くの求人を見つけるためにはどうしたら良いかと考えて、エージェントに頼ってみたのは正解でした。
すぐに転職できたわけではありませんが、確かに候補の数を増やすことができて、下手な鉄砲も数撃てば当たるという理論が成立したのは確かです。
狭き門を開くためにはエージェントの活用が賢明な方法だと実感しました。

薬剤師の派遣サイトはこちら / 薬剤師転職成功の秘訣は?